読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千年の孤独

田中泉(タナカ セン)によるレビューブログです。

これは、私たちの物語

映画

インサイド・ヘッド」を観た。

 


映画『インサイド・ヘッド』最新予告編

 

今作の主人公は11歳の女の子、ライリー。彼女の頭の中には「ヨロコビ、カナシミ、イカリ、ムカムカ、ビビリ」という5つの感情が住んでいる。このライリーがミネソタからサンフランシスコに引っ越したことから物語が動き出す。新しい家はオンボロ、学校には馴染めない、仲の良かった友達と離ればなれになってしまう、と11歳の女の子に耐えられないことが立て続けに起こる。それまでヨロコビの思い出で溢れていた頭の司令部に、イカリやムカムカ、カナシミの思い出が集まり始める。

 

ある日、ライリーの特別な思い出がカナシミに染まりかけ、慌てたヨロコビはカナシミと共に司令部を飛び出してしまった。2人を失ったことでライリーの感情は不安定に。2人は果たして司令部に戻ることができるのだろうか……?という物語。

 

この作品は頭の中の描写が凄く腑に落ちるというか、上手かった。「寝るとその日得た思い出がからくり仕掛けの機械を通って蓄積されていく」、「その中でも特別な思い出から性格の島(ライリーの場合は家族、おふざけ、正直、友情など)ができる」など、心理学などを学んでいた人は興味深く観られるのかもしれない。「なんとなく思い出すとなかなか頭から離れないCMソング」の辺りなんか、クスッとくるだけじゃなくてなるほど、と納得してしまった。

 

また、ライリーの感情はヨロコビが仕切っている一方で、別のキャラは別の感情がその役割を担っている表現も面白かった。パパの感情ははイカリが仕切っていて、ママの感情はカナシミが仕切っていた。そこの違いが大人と子供の差なんだろう。そりゃあ、ヨロコビだけで頭の中がいっぱいになるのは素晴らしいことかもしれない。ここで今作の命題である「カナシミは必要なの?」が関わってくる。

 

それまでヨロコビは一方的に「幸せ=ヨロコビ」という考えに固執していた。その他の感情にも「明るいことを考えようよー!ウェーイ!」とさながら文系大学生のように、元気の押し売りをするのがヨロコビだった。

しかし、カナシミと司令部に戻る冒険と、その道中で出会うライリーの想像の友達「ビンボン」をきっかけに変わっていく。ヨロコビが気付いたことについては是非劇場で観て欲しい。

 

今作はあまり子供向きとはいえないのでは?と思った。アナ雪のようにミュージカル展開があるわけでもなく、ベイマックスのように悪をやっつけるものでもない。それらと比べると1人の女の子の頭の中での話なので、わりと地味ではある。それこそまだ「ヨロコビ」と「ムカムカ」しかいないような子にしてみたら、共感できなくてつまらないのかもしれない。

どちらかといえばライリーと同じ11歳くらいの子、かつて11歳だった人、また子を持つ親が観て共感する作品である。あの頃の上手く消化できない感情を、この「インサイド・ヘッド」は丁寧に描いてくれた。

それこそ私は26歳にもなって、感情を上手く消化できないこともあるが、この作品を観てすっと心が軽くなった気がする。カナシミはカナシミとして受け入れ、時にイカリを表現したって良かったのだ。

 

人の感情は単純なものではない。良いことも悪いこともたくさん経験して、その人の性格ができていくのだ。そんな大切なことをこの作品は教えてくれた。これは私たちの物語だ。